燻製作り体験会

山西里山倶楽部緑陰実践講座

第二回 燻製体験会
◆◆◆ 山西里山倶楽部「大人の里山教室」 ◆◆◆
◇◇ 主催 山西里山倶楽部 代表者 高橋武彦 ◇◇
① 趣旨 里山生活を楽しむ・・・燻製づくり体験と里山講座
② 内容 オープンガーデンの反省 
     ・羽釜でご飯を炊く→釜で炊いたご飯は格別な美味しさです。
     ・燻製材料を持ち寄り燻製→その場で食べて良し、お土産に持ち帰って良し。
      燻製材料については、一回目の内容をご覧ください。
     ・その他ご自慢のちょっとした料理の差し入れ、大歓迎です。
③ 日時 2010年11月22日(月) 午前10時~午後3時
④ 場所 山西里山倶楽部高橋会長宅(津山市高野山西)
⑤ 経費 簡易燻製炉、金網、火ばし、軍手、着火剤などは当倶楽部で準備します。
     当日実費=無料
⑥ 参加申し込み
  1.Eメールまたは電話でで山西里山倶楽部までご連絡ください。
  2.氏名、連絡先電話番号、Eメールアドレスを添えて送信してください。
  3.申し込み先アドレス
 takehiko@extra.ocn.ne.jp (ご質問もどうぞ)
    高橋武彦 090-1013-2431
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

2010年夏季燻製作り体験会は無事、楽しく終了しました。
秋季の体験会も予定されています、、紅葉の頃でしようか。
請うご期待、、です。

① 趣旨 里山生活を楽しむ・・・燻製づくり体験と狩猟のお話しと里山の散策
     ◇手抜きで美味しい燻製づくり(山西里山倶楽部 高橋武彦)
       燻製づくりはかなり煙が出る場合があり、家庭ではなかなか難しいですね。
      でもやってみたい、そういう方の為に燻製づくりを体験できる実践講座です。
      お好きな、燻製してみたい材料をご持参ください。
      燻製炉などは山西里山倶楽部が用意いたします。
      上手くできるか?失敗作になってしまうか(!~~)、お気軽にご参加ください。
     ◇狩猟の談義(高橋工芸社長 高橋完志氏)

② 日時 2010年7月31日(土) 午前9時~午後3時(雨天の場合は翌日)

③ 場所 津山市高野山西の里山(山西公会堂より西へ約200メートル)

④ 経費 簡易燻製炉、金網、火ばし、軍手、着火剤などは当倶楽部で準備します。
     当日実費(1,000円)をいただきます。

⑤ 参加申し込み
(1) Eメールで山西里山倶楽部までご連絡ください。(先着10名様)
(2) 氏名、連絡先電話番号、Eメールアドレスを添えて送信してください。
    雨天の場合の、翌日参加の可否もご記入ください。
(3) 申し込み先アドレス
 takehiko@extra.ocn.ne.jp (ご質問もどうぞ)

      お申込の受付は7月1日からとさせていただきます。

⑥ 参加者は燻製にしたい材料を各自ご持参ください。
   例えば 塩サバ2尾、豚肉2塊(塩分を含ませた後適当に塩抜きしておいてください)
        (山西里山倶楽部のホームページを参考にしてください)
     ソーセージ(小)10個、、たくわん3本(数時間乾燥後)、、など

             (燻製炉が小さいですから大量の燻製はできません)

⑦ 駐車場 山西公会堂から西へ向けての道路(分からない時は090-1013-2431まで)
   下の地図をご参照ください。当日は山西公会堂前でスタッフが誘導します。

⑧ 昼食、お茶は各自あらかじめご準備ください。

⑨ 防暑対策 暑い時期に火を扱いますから汗がでます。暑さ避けの帽子、タオル
  うちわ、スポーツドリンク、その他

⑩ 服装は作業服で、靴は汚れてもかまわない靴でお越しください。
  蚊が出ますからその対策ご準備もお忘れなく。

●狩猟談義
   イノシシは美味しいコシヒカリから食べます。それ、本当でしょうか?
   イノシシは山中を物音一つたてず歩く忍びの名人です。
   足音をたてないために、いつも同じ場所に足をつけて歩行します。
   それ、本当でしょうか?
   自分に向かって猪突猛進するイノシシを至近距離で眉間を打ち抜きます。
   それ、本当でしょうか? 
   弾がはずれたら自分の命が危ないです。
   子どものイノシシは美味しそうな餌が檻内にあっても、
   決して檻内に立ち入らぬよう母イノシシに躾けられている。
   それ、本当でしょうか?
   狩猟談義担当の高橋完志氏は名ハンターでありマタギの一人のような人物。
   本業は(有)高橋工芸社長で自社工場は岡山県ではまだ珍しいFSC認定工場。
   地球環境問題に先進的に取り組んでいる経営者です。